FC2ブログ

おかず の おかず

小遣い制人見知りおやじのブログ。趣味やペットの事、日常のありふれた事を飽きるまで綴ります。

材木で5.6(轢かれました・・・)

最近帰宅時間が遅く、ストレスも溜まりまくり。
って、毎回書いてる気がするけど、事実であるのでしょうがない。

で、ストレス解消には海であるが、ちょうど良いことに今週は土曜日に南風が吹くらしい。

それを楽しみに毎日過ごし、そして土曜日。
予報通り、朝から風が吹いていた。

平日の寝不足解消に10時頃まで寝てしまい、そそくさと用意して鎌倉へ出発。
既に数人のオヤジ達は南風を堪能している模様。

IMG_2159.jpg

IMG_2160.jpg

到着は12時頃。
海を見ると5.5ぐらいかな?と思っていたが、4点台でも走るとの情報にしばし迷うが
波も小さいとの事でチョッパーXLとSOS102Lで出てみることにした。

やはりちょっとオーバーな時もあったが、セールのアウトを調整し,しばし乗りまくり。


(おやじカムから拝借)

DSC_0491.jpg

仲間も多く、楽しい時間帯が続く。

DSC_0495.jpg

ボードの押さえつけが悪い・・・

DSC_0496.jpg

これは良いか・・・

DSC_0497.jpg


DSC_0498_20160605212237acc.jpg

行けるか!

DSC_0499.jpg

ダメだ・・・
もっとくの字姿勢の粘りが必要ですね。

このあと沈したはず・・・。

以上、ツカモンさんの写真。
悪いところが解り、ありがたいっす!ありがとうツカモン!
これらもツカモン写真。
DSC_0531.jpg

DSC_0533.jpg

DSC_0558.jpg

この時間帯、沖に黒い鳥が1匹浮かんでるのが気になってた。
浮かんでたから水鳥と思うが、ウインドが近くを通過しても逃げそうにない。
なにか怪我でもしたんだろうか?

今日は相当にウインドの数が多く、轢かれたらかわいそうだな・・・
でも、救助する方法も思い浮かばないな・・・

その後、別の場所で羽が伸びてまだ浮いていたが、どうなったのかな?

などと考えてたが、まさかこの後、自分が轢かれるとは思いもよらなかった。

風も上がり、潮も満ちてきて波も出てきた頃、ボードを80Lに変更。
乗りやすくなり、より一層堪能できる状態になった。

このセールに80Lの組み合わせは初めてだったが、違和感なく快調である。
強いて言えば、もう少しフィンを大きくすればもう少し気を使わなくて乗れそうだ。

そんなこんなで、ナンチャッテフロント練習を時折くるセットの波でトライ!
一度、フロントを振ろうとしたら、下から1艇接近しており、慌てて沈。
通過時に叫ばれましたが、この時は正直、後方確認せずに突っ込んだ自分が悪く、反省しておりました。

そんなある時、フロント失敗で波間に沈。
すぐウォータースタートしようと用意していた時、後方から強い衝撃が!!

ガツーン!!

一瞬何が起こったのか分からなかったが、程なくしてウインドがぶつかったんだと理解した。

大丈夫ですか!!

と声が聞こえると同時に、顔に何かが当たり、痛みを感じ
口に手を当てると・・・・

なんと!出血しとるじゃないか!!

大丈夫ですか?

と繰り返されるが、大丈夫ではない。
でも意識は当然あるので、何か言ったほうが良いのだが、大丈夫ではない。

とりあえず

浜へ戻りましょう・・・

と促し、とぼとぼと浜へ。

満ちてきたとはいえ、足がつく場所でのアクシデントで幸いであった。
が、出血は続く。

舌と手で確かめると、どうも唇が切れてる様子。

浜に上がると、ちょうど仲間達も上がって来て、各々、どうしたの?と聞いてくる。
と同時に、オレの顔を確認し殆どの人が

うわぁっ!!

と、とんでもないものを見た表情を返して来てくれたので、本人、唇が切れただけとの認識だったが
非常に不安になった。

みなさん、その傷がエグくても、本人も前では決して正直な表情と言葉を出してはいけません。

とりあえず車に戻る事にしたが、道具は仲間が片づけてくれた。
みなさん、ありがとうございました。

車に戻りタオルで押さえると程なく出血は収まったので、自力で病院に行くことにした。
というか、この時点で半分病院に行かずに、そのまま治るかも~との淡い期待もあった。

しかし、怪我をして浜に上がったは良いが、その後どうするのか?
は当事者達はあまり思いつかない。
日頃から近くの病院の調査や、浜に上がってからの行動は仲間同士で想定しておいた方が良さそうですね。

で、その傷は・・・

IMG_2161.jpg

一見大したことない。
そうです、なので病院なんか・・・と思いながら、Pさんのお友達である、外科医かなパパさんに教えてもらった戸塚の共立病院へ行く。
唇が切れたと伝えると・・・
これは口腔外科ですね~
と冷たい返答がぁ~~~。

現在対応してくれる口腔外科の情報を、「横浜市救急医療情報センター」というところで教えてくれる事を伝えられていったん帰宅。
この時点で、病院に行く気が殆どなくなっていたのだが、折角だから電話を掛けて聞いてみたら、桜木町近くに、これまた「歯科保健医療センター」という場所があり、夜も対応してくれるとのことで、薬でももらえるかも?と出かけてみた。

診察を受けると案外傷が深いとのことで、縫ってくれることになり・・・・

IMG_2163.jpg

こんな状態に!!

内部と表面を縫った模様。
表面だけでも4針縫ってます。
いつぞやの5ホッチキスに次いで、今回は4針+内部も数針である。

まぁ、あとは治るだけです。


振り返ると、強烈な衝撃の割には、これだけで済んだのは、ヘルメット、ライジャケをつけていたからだと思う。
未だにどのようにぶつかってきたのか不明だが、頭のヘルメットを擦った感覚があったような気がするので
ヘルメットが無ければ大けがになっていたかもしれない。

左の唇を切り、顎周りも少し痛いのは、左後方からぶつかって来た可能性が高く、顔面に何かが激突していたんだと思う。
とすると、ヘルメットなしを考えるとゾッとする。

本人はセールで見えなかったと言ってましたが、こちらは沈したままですし
波を引いて来たんなら、浮いてる自分を認識してるはず。
たぶん、波を超えてエントリーしてきて、波の向こうに居たオレが見えなかったんではないでしょうか?
まぁ、見てないのであくまで推測です。
波越えのエントリーは細心の注意が必要ですね。
自分は見てませんが、相手の方は一部始終を見てたと思いますので、ヘルメットをが無いことを想像して結構、ショックを受けてられるのではないでしょうか・・・。

相手がどうのこうのではなく、今回の件、明日は我が身で、自分が当事者になる可能性が大いにありますので
皆さんも十分注意してください。

やはり今回の様に混んでる海でのウインド、波乗りする時はヘルメットは必須と思います。
ライジャケも出来れば装着すべきではないかと。
何かとガードになるし、万が一の時、助けやすいし。

まぁ、今回は不幸中の幸いでした。
これからの飲み会での良いネタになりました!

今後も楽しく、安全にウインドをしていきましょう!!

スポンサーサイト



ウインドサーフィン | コメント:13 | トラックバック:0 |
| ホーム |