FC2ブログ

おかず の おかず

小遣い制人見知りおやじのブログ。趣味やペットの事、日常のありふれた事を飽きるまで綴ります。

菊名で4.7(ア○おやじの顛末)

今朝は思ったより雨が少なかったからか
それとも何かにとりつかれていたのか
7時半に目覚めると、朝食後に菊名に向かっていた。
こんな大雪になるとは微塵も思わずに・・・

誰も居るわけもなく・・・

津久井を横切ると、1名セッティング中。
ア○仲間だ!(笑)

菊名に到着すると風はそれほど吹いてないように感じたが
雨は強く降っていた。
あくまで雨。
これは想定内だった。



ちょっとめげ掛けたが、折角だからとウェットに着替え、セッティング開始。

弱いと思ったが4.7+80Lで9時半過ぎに出艇。
波は無い。

途中より走り出し、島を越えるとジャストな感じ。
しばらく往復するが、雨はどんどん勢いを増してきた。

状況は刻一刻と変わり、無かった波も風波なのか、うねりが入り出した。
雨なのか、湯気なのか?
白いものが横に移動していて、何とも表現しがたい状態だ。

雨は一段と勢いを増し、うねりも大きくなってきて
アウトは異様な雰囲気になってこれ以上は危険と判断。
そそくさと撤収。

最初から危険と判断しておけば・・・

このまま雨の中片付けをして昼には帰宅する予定だった・・・。

しかし、やけに大粒の雨だな?



老眼のオレでも見えるじゃん。
って、雪かよ!


道具に持って行ったお湯を掛けたら凍ってるやんけ!

雪は思いのほか勢いがある。
当たり前だ、さっきの雨の勢いそのままである。

さっきまで指先だけが冷たかったが、全身冷えて来た。

凄い寒気だな・・・。

ヤバい、ヤバいぞ!

このままだと帰れなくなる。
雪はみるみる道路を白くし、自分の車の半分は真っ白だ。



幸いまだシャバシャバの雪。
これなら何とかなる。

片付け終わりいざ帰路につくと、道路には思った以上に雪がこびり付いているではないか!
これが凍れば完全に終わりだ、急ぐんだ!
まずいつもと同じ道で帰ろうと思った。
三浦海岸駅を通過し、上りになった時、一応は上ったがこの先ヤバそうな予感がした。
これは横横でチンタラ走った方が賢明だということで、コンビニでUターンし横横は佐原ICを目指す。

コンビニのPはバシャバシャながら真っ白け。

普通ならあっという間につく距離である。
しかし車は多いし、ゆっくり走る。

途中で左折し佐原ICへ。
しばらく走ると渋滞になった・・・。
坂を上れない車が出始めたのか?

海沿いを久里浜へ向かおう!
またコンビでUターン。

この時点でも、殆どヤバヤバ状態。
オレも流石に焦り出した。

野比まで来たとき、また道路が渋滞となった。
原因は明らかである。
先ほどの予想通りの光景が目の前で繰り広げられている。
自分の車もノーマルタイヤ。既にすべり始めていた。

う~ん、どうするか?

雪はどんどん降ってくる。

車は全く動かない。
待っているだけ無駄か・・・、危ないし。

しょうがない、車をどこかに置いて一旦帰り、チェーンを持ってまた取りにこよう。


ある駅前に不動産屋の駐車場があった。
そこそこ大きい不動産屋である。
ちょっとここに停めさせてもらおう。

オレはその初めて見る不動産屋のPに車を止め、店内へ向かった。

応対したのはある程度年をくった笑顔の女性だった。

「雪で身動きが取れないので、夕方まで車を置かせてもらえませんか?」
「お金は払いますので・・・」

と話し始めた途端、その女性の笑顔はあからさまに無くなり

「え~~~~~~~~~~~~」

と、いかにも「嫌だな~」という雰囲気の「え~~~」を
店内に響き渡る声を張り上げた。

マジか?マジすか学園?

答えはNOであった。
それはいい、予想もしていた答えだ。

予想していなかったのは、その第一声だ。
日お客を相手にしている人がとる態度なのか?
断るのも、断り方があるのでは?

まぁ、オレはこの不動産屋に世話になる事は今後一生ないので良いのだが
利用する人はこの女性に対応してもらわない事をお祈りする。

とはいえ、この店でコインPを教えてもらい、うまく空きが有ったので駐車。
電車で帰路についた。

IMG_0350.jpg

駅から歩き、家の近所にきたら・・・

IMG_0351.jpg

なんとか此処まで来てたとしても、どっちみちノーマルタイヤでは帰れなかったのね・・・


昼飯を食い、チェーンを用意して4時半ごろ再度出発。
車を停めた駅に6時半ごろ到着。

幸い道の雪は殆ど解けており、ノーチェーンで近所まで来たが
最後の坂が上れる気配が無い。
仕方なく、家から数百メートルの位置でチェーンを装着し、9時半頃、無事帰宅。

長い1日だった・・・。

自然を舐めたらいかんぜよ!

テーマ:ウインドサーフィン - ジャンル:スポーツ

ウインドサーフィン | コメント:22 | トラックバック:0 |
<<前のページ| ホーム |次のページ>>