おかず の おかず

小遣い制人見知りおやじのブログ。趣味やペットの事、日常のありふれた事を飽きるまで綴ります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

濁河温泉への旅

今年も恒例の幼馴染おやじ旅行に行ってきた。
といっても諸事情の都合で1年半ぶりである。

幹事の友人が決めた行先は岐阜県は濁河温泉だ。
下呂温泉のもっと奥、高山の手前に位置する秘湯である。
御嶽山の中腹辺りだ。

名古屋集合でそこからレンタカーで向かう予定。

横浜から名古屋までは1万円前後かかる。
だから・・・・

在来線で行った・・・。

6時間かかったやんけ・・・。

IMG_0288_20121128220133.jpg

無事友人達と落ち合い出発。
念のため、スタッドレスを装着している。

宿のおやじのアドバイスどおり、木曽福島経由で温泉に向かった。

IMG_0290.jpg

日が短くなり、御嶽に近づく頃は完全に真っ暗。
と、徐々に道路の端に白いものが・・・。
そして途中から遂に轍が出来るほどの雪道に突入。

運転している友人は結構な速度でカーブに突っ込んでいく。
固まるオレ・・・。

なんとか宿の手前までたどり着いた時
前に車が止まっている。

しばらく様子を見ていたが動く様子がない。

仕方なく車を降りて見に行った。

ドライバーは若いにぃちゃんで、助手席には若いねぇ~ちゃん。

アベックか・・・ええな・・・

今は完全に死後になっている単語を頭に浮かべている自分に笑いそうになりながら
そのアベックに話しかけると、どうやら滑って動けないらしく
宿の人に助けを求めた模様。

ナンバーを見ると多摩ナンバーのレンタカーである。
そしてタイヤは・・・・

夏タイヤ・・・

そりゃ~滑るだろ~。
アベックめ!!

アベック(しつこいか)をやり過ごし、宿に到着。
すぐに夕飯だ。

IMG_0291.jpg

素朴ながら旨かった。
おやじ達は気持ちだけ、中学生に戻り喋りまくった。

食事のあとは温泉である。

源泉賭け流しの温泉はやはり良い湯であった。
お湯はやや濁っている。

IMG_0296.jpg

露天風呂もあり、外気はめちゃサブであった。
この宿で標高1800mぐらいらしい。

ホクホクした体で爆睡し、朝飯前に温泉に入るべく起床。

お風呂に行くと、一人の男性が先に入っていた。
露天風呂に一人浸っていると、友人1号が血相を変えて入ってきた。

「えらいこっちゃ~~」
「えらいこっちゃ~~」

と連発するので理由を聞くと
なんと!!女風呂に入ったとの事。

どうやら女性が入っており、鉢合わせしたらしい。

「まずいなぁ~~」

という顔がにやけとるやないか!!

しかたなく、その時の様子をより細かく聞いまくったのであった・・・。


その後の朝飯も非常にうまく、調子に乗って3杯食べた。

IMG_0297.jpg

朝食後、チェックアウトまでまだ時間があるので、宿の周りを散歩した。

IMG_0298.jpg

改めて見ると結構雪が残っている。
遠くに見えるのは白山連邦だ。
今日は非常に天気が良い。

宿の近所には滝が多くあり、冬場は凍結し
クライマー達が楽しみにやって来るようだ。

IMG_0299_20121128220209.jpg

IMG_0302_20121128220208.jpg

既に凍ってるし・・・

IMG_0303_20121128220207.jpg

チャックアウト後、御嶽山が綺麗に見える近くのスキー場まで移動。
昨日の夜に通った道であるが、こんな道をあのスピードで良く走ったなあ~
と他人事の様に話す友人。

なにいまさら言ってんだよ!!まったく・・・

IMG_0306_20121128220206.jpg

乗鞍にも雪が積もっている。
今日は綺麗に良く見える。

IMG_0307_20121128220205.jpg

御嶽山は見る方向で色々な形に見える。

IMG_0305_20121128220206.jpg

IMG_0310.jpg

IMG_0315_20121128220245.jpg

一通り堪能し、小坂経由で下呂温泉に向かった。

IMG_0318_20121128220243.jpg

下呂温泉では時間も無かったので、足だけでも・・・

IMG_0317_20121128220244.jpg

帰りの道も思ったほど混んでおらず、予定通り6時過ぎに名古屋に戻ってきた。

最後に駅近くの居酒屋で反省会を行い、帰りも出来るだけ安くするため
こだまにて小田原経由で横浜に戻ってきた。

次回はオレが幹事だから、もう少し横浜に近いところに決めたろ!

スポンサーサイト

テーマ:日記 - ジャンル:日記

日常小説 | コメント:8 | トラックバック:0 |
| ホーム |次のページ>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。