FC2ブログ

おかず の おかず

小遣い制人見知りおやじのブログ。趣味やペットの事、日常のありふれた事を飽きるまで綴ります。

Windows Alert (後編)

お客さんを最寄の駅まで送り、その後ヤ○ダへ。
ソフト売場へ行く前に、まずはポイントカードの抽選を行う。

案の定、10Pだ。
こんな抽選さえ当たらないのに、宝くじなど当たる訳がない。

いや、ちょっと待てよ・・・。

いつも入れるガソリンスタンドでは
そこそこ確立良く2等が当たってるではないか。
因みに2等は隣接するファミマで売ってる、105円までのおでんがもらえるクーポンである。
1等はフロントガラスコーティングが500円で出来るクーポン。
これは余りおいしくない・・・。
要はタダが良いのである。
(やはりセコイ男です。)

この2等クーポンの当たりが、我が抽選運の全てを費やした結果なのか・・・。
そうなら尚更あたらない。

そんな事を考えていると後ろから

「おい!終わったら早く退けよ!」

と声が聞こえ、我に返った次第です・・・・





そんな訳ねぇ~。
すんまへん、作りました。


で、ソフト売場へ赴き、ソフトを物色する。
改めて見ると色々なソフトがある。

ここは無難にノートンかウィルスバスターにしておくか。

ウィルスバスターは都合良くいつもより安く、ポイント還元もあるようだ。
その商品を手に取ろうとした時、決定的なコピーが目に飛び込んできた。

「更新料ゼロ!!」

同じOSを使用している限り、更新せずに最新ウィルスパターンが手に入るらしい。
ソースネクストの製品だ。

しばらく迷った後、やはりセコイ男は、この更新料ゼロのコピーにKOされ
商品を持ってレジに向った。


家に帰り早速インストール。
続けてハードディスクのスキャンをかけた。

結局引っかかったのは1個のみ。
どうも子供がログイン時に感染した感じだが・・・。
俺があらぬサイトを見た為ではなかったようだ。
さっきまでの罪悪感から一気に開放される。

駆除後、幸いな事にネットに繋げる事ができた。

よ~し、これであらぬサイトをまた見る事が出来るぞ・・・。
ウヘヘ・・・


と、そこに例のアラート画面が現われた!
しばらくして駆除ソフトの勧誘画面。

これはもしかして・・・

デスクトップを確認するとキッチリありました。
嫌いではない海外モノのエッチショートカットがぁ~。

おいおい、なんでだよぉ~。


感の良い方ならもうお解かりだろう。
って最初から大方の人が想像していたと思われるが・・・(汗)。

この英語のアラート画面そのものがウィルスだった。
しかも、更新料ゼロのウィルスソフトでスキャンかけて「安全」レベルになったじゃ~ん。
ここでも安物買いの銭失い野郎の本領が発揮されようとは・・・。

仕方なくまずはネットで検索。

Windows アラート 英語

この単語でそこそこヒットして来た。
物色して見ると、同じような被害に遭われた同士達の書き込みも多い。
しかも、今まで信じていたアラート画面と同じものが表示され
注意を呼びかけている記事も発見。

なってこった・・・。

最悪はリカバリーするしかないとの記事もあり、お先真っ暗だったのだが
ある書き込みで、効果のありそうなフリー駆除ソフトが紹介されていた為
藁をも掴む心境でダウンロード。
やはり海外モノのソフトである。

嫌いではない・・・

(もうええっちゅうの!)

海外モノウィルスには海外モノ駆除ソフトって事か・・・。
無事インストール完了し、再度このソフトでスキャン。

約30分程度で終了。

結果は・・・・。


おぉ~、ひっかかっとるで!
さっきまで綺麗な体だと思っていたが、相当汚れていた模様。
若気の至りで、遊びすぎたのか・・・。

訳のわからん想像はさて置き、ひっかかったファイルを駆除。
そして再立ち上げ。


正常に立ち上がった我がPCは、その後何も無かった様に平穏なままだ。

やった~、漸く元通りになったで!


それにしても、無防備な状態になって直ぐのトラブル。
ネット上には想像以上に罠が沢山ある様である。
罠が潜んでいる場所に行かなければいいだけの話であるが
そこが男の悲しい性といいますか、単純に○○○おやじといいますか・・・。


皆さんも、気をつけなはれや!!




と、ここまで書いたところで、「前編」のコメントが入ってきた。
な、なんと・・・
フリーソフトでそこそこの性能のソフトが有るというではないか!
自分的には願ったり叶ったりだったのだが、後の祭り・・・。
アフターフェスティバルである。

しかも皆さんフリーソフトをご利用されているようで・・・。
ガーン (+_+)

ウインド同様、自分の不甲斐なさに涙しようとしたが
夕日が見えない為、我慢した。




スポンサーサイト



テーマ:ブログ日記 - ジャンル:ブログ

日常小説 | コメント:4 | トラックバック:0 |
| ホーム |