FC2ブログ

おかず の おかず

小遣い制人見知りおやじのブログ。趣味やペットの事、日常のありふれた事を飽きるまで綴ります。

コンビニの兄ちゃん

先日、ウインドの道具を通販で買い
その品物が届いたので、ニヤニヤしながら袋をあけたが
おかずの楽しみは一瞬にして崩された。

違う商品が届けられたのだ。

すぐさまショップにメールを送り
着払いで品物を送って正規品を再送付してもらう事にした。

で、その品物を送る為、近くのコンビニに出向いたのだ。

運悪く、レジの前には2名のお客。
割り込んで送り状をもらうのも忍びなく
3人目の客としてその列に並ぶ。

程なくもう一人の兄ちゃんが現われ、隣のレジを開ける。

当然ながら2人目の客はそちらに移動。
と同時に4人目の客がその後ろに並んだ。

自分はこちらで2人目である。
しかも処理しているのは最初からいるお客。
もう直ぐ順番が回ってくる。

・・・・・・
・・・・・・
・・・・・・

遅い・・・

・・・・・・
・・・・・・
・・・・・・

自分が並んでいるレジの兄ちゃん自身は
テキパキ動いているようだが・・・。

何かの理由で時間が掛かっているのだろうが
そのノロノロ感が俺のイライラ感を刺激する。

何の理由も無いが、俺の前に並んでいる
うだつの上がらなさそうなスーツ姿の男が妙に腹立たしい。

そんな思われ方をされているのも知らず
そのスーツ男はじっと待っている。
可愛そうな男である。


ふと横を見ると、隣のレジが4人目の客の処理を終えようとしている。
痺れを切らし隣に移動。
これが事件の始まりだ。

ようやくレジの兄ちゃんに着払いの送り状をもらいショップの住所を書きだした。
そのショップは名古屋にあり、住所欄には名古屋市・・・と達筆な字で記入した。
残念ながら郵便番号は解らず、未記入でレジの兄ちゃんに提出。

案の定レジの兄ちゃんは郵便番号が未記入である事に気づき
こちらに質問してきた。

兄:「あの~、郵便番号は?」

お:「すいません、ちょっと解らなかったんだけど・・・。」

兄:「はい、わかりました。」

何やらレジを押す兄ちゃん。

はは~ん、住所を打ち込んでるんだな!

そう直感した時だった・・・。

何やら兄ちゃんがモジモジし始める。

なんだ?兄ちゃんトイレでも行きたいのか?
早く処理してトレイ行って下さいよぉ~。

と、兄ちゃんがもう一人の兄ちゃんに問い掛ける言葉を俺は聞き逃さなかった。

「名古屋って何県?」

!!!!!!!!!

な、なんですとぉ~~~~!
名古屋が何県かわからんかったのか・・・!

くぅ~~~、ゆとり教育の賜物か・・・。

もう一人の兄ちゃんの的確な答えにより
名古屋は愛知県である事を知ったようだ。

さぁ、もう直ぐ処理も終わるだろう・・・・。

と、またその兄ちゃんがソワソワし始めた。


なんだ?今度はなんなの?

その兄ちゃんは俺にこういった。


兄:「愛知県は・・・・・」

お:「え?なに?」

兄:「愛知県はし・・・」

お:「????」

兄:「愛知県はしこく??」

はぁ??? しこく???
四国の事か?

ニンテンドーの「大人のDSトレーニング」で鍛えた俺の脳みそは
直ぐさま状況を判断し、彼が愛知県の地方名を知りたがっていた事を理解した。

「あぁ~、愛知は中部か東海にないか?」

ピッピッとレジを押す兄ちゃん。

中部地方の画面に愛知県をようやく見つける事が出来たのか
安堵の表情に戻った兄ちゃんは
残りの処理をテキパキとこなし、荷物を受け付けてくれた。

恐るべしゆとり世代。

でも何故、兄ちゃんは四国と言ったのか??

四国にある県・・・愛媛か・・・
偶々、四国地方のボタンを押し、出てきた「愛媛」を見て
愛媛を読めず、「あいち」と読んだのか??
まさか・・・・
しかし、この兄ちゃんなら確立はゼロではない。

再度、恐るべしゆとり世代である。
今後我社にこの様な方が入社されない事を祈るばかりである。


家に帰り、早速子供に名古屋は何県?と質問。
「愛知県」と即答。
続いて愛知県は何地方?と質問。
一拍空いて、中部地方と回答。

流石に俺の子供である。
うれしいので、カッパ発言は帳消しにしてやろう。

何故そんな事を聞くのか?との逆質問に
経緯を説明した後に子供は言った。

「ありえねぇ~~~~」



そこまで言わなくても・・・・・



スポンサーサイト



テーマ:ブログ日記 - ジャンル:ブログ

日常小説 | コメント:10 | トラックバック:0 |
| ホーム |